葬儀の種類について

葬儀の種類について 亡くなった方とのお別れをする儀式として葬儀は昔から行われてきたものです。その葬儀も時代とともに様々な形に変化しており、仏式やキリスト教式、神式など昔ながらの宗教に準じたやり方もあれば、宗教と関係なくお別れ会形式で送るものもあります。また、参列する人数にも変化があり、家族や親戚以外に会社関係や友人、知人などを呼ぶ大規模なものから、家族だけで故人を送る小規模なものまで、形や宗教以外にも様々な変化が起こっています。

特に最近多いのが家族葬などの小規模なものです。家族だけで送るというだけでなく、一日葬といって親戚や家族などで通夜と告別式を一日で済ませてしまうというものもあり、参列する方の負担や喪主の方の事情、故人の親交の度合いなどにマッチした方法を採る事が多くなっています。家族葬など小規模な葬儀を選択する人の多くが、故人が高齢だったり闘病が長かったりした場合に、遺族の想いとして静かに送ってあげたいという気持ちが表れていることが多いのが特徴です。

さらにオリジナルの葬儀の場合は、家族葬などで行い、なおかつ僧侶を呼ばずに故人を偲ぶという方法をとる事もあります。これらの家族葬やオリジナル葬は、生前に故人の意志としてお願いされている場合もあり、故人が元々終活を行って自分の想い通りの葬儀を上げたいという思いから準備をしていたケースもあります。最近はこのように準備を行うのは必ずしも喪主となる人というわけではなく、自分の葬儀の準備は自分で行うという人も増えているのです。時代とともに変化してきたのは葬儀のスタイルだけでなく、その内容を決める人にも多様性が出てきています。また、葬儀にはじまり、お墓の準備など自分の人生の最終章をどのように幕を閉じるか選択する際に、自分自身で向き合う人が多くなってきているとも言えるでしょう。

自分が葬儀の手配やお墓の準備などを行う事になった場合、どのような選択をするのが良いのか、いざという時に迷わないためにも、日頃から終活を意識して、なるべく知識を養っておくようにしましょう。慌てないためにも後悔しない選択をするためにも、重要な点について知っておく事が大切です。親しい人との別れの時がいつか必ず訪れるのと同様に、自分自身も先に旅立ってしまう事もあります。そんな時周りの方への感謝の想いや伝えたい事は何なのか、終活は自分の人生観をもう一度思い返す事ができる良いきっかけとなる事から、進んで行う人が増えています。

最新ニュース