葬儀に参加するときの身だしなみについて

葬儀の案内をもらったら、すぐに喪服と数珠、香典の準備を進めていきます。しかし、ここで気になるのが女性の場合メイクや髪型はどうしたらいいのかという点です。一般的に派手なメイクや髪型を避けるべきだと言われていますが、どの程度までなら大丈夫なのでしょうか。

特に女性の場合、髪の毛が長い場合は焼香の時に邪魔にならないように整えておくことが大切です。耳にかけていると焼香をしたときに髪の毛が落ちてきてしまいます。そのため、しっかりと留めておくか、もしくは後ろで束ねておく必要があります。その時、使用する髪留めも黒系で地味な飾りのものか、もしくは飾りのついていないものを選択して使用する事が大切です。特に派手にならないようにする必要があるため、耳より下の位置で結ぶなどの配慮をするようにしましょう。

また女性にとってメイクは重要です。普段通りのメイクの場合、チークやアイシャドウ、グロスなど、少しきらびやかなメイクになっている事があります。葬儀に参列する際には、なるべく派手にしないためにも、ラメなどが入っていないものはもちろん、アイシャドウやグロスなどは避けるなど、いつもよりは地味目にメイクして参列するようにしましょう。地味なメイクと聞くと、ノーメイクでもいいのではないかと思う人もいますが、葬儀は正装で参列するのがマナーです。人によってはノーメイクもマナー違反と考えている場合もあるため、普段ノーメイクの人も葬儀の場ではきちんとメイクをして参列する事が大切です。