葬儀に参列するとき子連れはNG?

訃報が届いた場合、すぐに参列しないといけないと考えますが、その際小さな子どもがいる家庭の場合は、子どもを一緒に連れて行っていいものかどうか迷ってしまいます。実際に、乳児や幼児など、まだ小さい子どもの場合はあまり連れて行かないほうがいいという考えも地域によっては残っているので、心配な場合は周りの人に確認をしてから参列を決めるとよいでしょう。特に、会社関係や知人の葬儀などは、子どもが騒がないようにしなくてはなりません。その際は参列事態を遠慮してつながりによっては後日香典を郵送するなど、参列しなくても弔意を示す事が大切です。

小さな子どもにとって葬儀や法事などは退屈で我慢することが難しいのが本音です。むりやり連れていってぐずられてしまったり、お経の途中で何度も退席してしまう事になっては相手に対しても失礼になります。何よりも葬儀を滞りなく終えることが大切であるため、進行に差し支えるような事にならないように気を配る必要があります。どうしても出席をする場合は、夫婦で参列して交代で焼香をするなど、子供をなるべく会場に入れないように気を配りましょう。

ここで困るのが親戚など、どうしても葬儀への参列を促されている場合です。祖父母や親、兄弟など、子どもを生前に可愛がってもらった場合などは、連れて行ってしっかりとお別れをさせてあげる事が大切です。それ以外の遠い親戚などの場合は夫婦のどちらかが参列するなど、そのつながりによって参列の有無を自分達で判断する事も大切です。参列できない旨を周りの親戚の人に事前にお知らせしておくなど、周りへの配慮も忘れずに行う事が今後のためにも重要です。